JAPANEASE TRADITIONAL
LANDSCAPE ARCHTECTURE

世田谷成城 芳寿庵

京間の四畳半。水屋は三畳。 床柱栗亀甲ナグリ。
壁は土壁で、天井は臼と杵を使った唐傘天井です。
茶室に出庇をつけ、外腰掛を設けました。
外廊下と渡り廊下を付け、母屋と繋いでいます。
露地には、珍しい利休のお墓の模写があります。
    上左)利休のお墓の模写
    上右)ニジリ
    下左)栗、亀甲ナグリの床柱
    下右)水屋














上左)臼と杵を使った唐傘天井    
上右)外腰掛                             
下左右)外廊下と渡り廊下       

HOME    ||     茶室のトップに戻る