JAPANEASE TRADITIONAL
LANDSCAPE ARCHTECTURE

マイ茶室 蝸牛庵

ログハウス(六畳)の中に一畳台目で三尺の水屋を付けました。 ログハウスの出窓部分を床にし、壁は布壁で可動式です。
天井は古障子を使い、可動式で室内照明なし。 またニジリは付けず障子二枚の貴人口とし、 茶道口は紙襖としました。
壁は襖壁の仕上げの手前の裏張りで終え、 ヘンガクは才十和尚さんの書いてくださった書に縁をつけ、 壁に直貼りです。
今回は紙でまとめたもので。 普段は床壁、天井、貴人口の障子を外し、ログハウスの中のお座敷として利用 できます。















    左)ログハウス外観
    右)貴人口から
                                 左上)出窓を利用した床
                                 右上)古障子を利用した天井
                                 左下)才十和尚さんによる、
                                         "蝸牛庵"の書

HOME    ||     茶室のトップに戻る